未経験者でも正社員になるチャンスが訪れる

kimida

新しい制度になって新卒採用が残り少なくなっている企業が多くなって来ており、中には既に終了をしてしまった企業も存在しているはずです。

企業側で行う採用の場合は企業がどのタイミングで採用を行うのかがわからないですので、油断してしまうと終了してしまうことがあります。

近年ではIT企業が多くなってきており、昔ゲームで多く使用していたC++言語だけでなくC#言語さらにはWeb言語のJava言語やflash言語などを求める企業が多くなって来ていることが現実になっています。

しかし、Web系の事業に行くとなると専門学校に行かないと入社ができないと思われていますがこれは間違いです。

では、とにかく資格試験がたくさんあって頭がいい人が入社がしやすいと思われる方々もいますが、これも違います。

確かに専門学校に行くことによって企業は成績表などを見て評価をしてくれるかもしれませんが、今の時代は即戦力を求めているため、ただ学校で勉強をしましたというだけでは人並みと見られてしまって採用はしにくくなっています。

資格試験も確かに近年では資格手当というものがあって、給料アップにはつながるかもしれません。

(さらに…)

続きを読む

LGBTを受け入れる企業が急増しているワケ

rireki

LGBTとは一般的に性的マイノリティーと呼ばれる方の総称で、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーといった方を指しています。

プライベートの側面だけでなく、ありのままの自分でいたいと望めば、職場での生活にも影響が及びます。

かつては職場内で偏見を受けたり、差別的な待遇を受けることも少なくありませんでしたが、現在はLGBTだからと差別するのはもちろん、特別視することもなく、一般の従業員と分け隔てなくチャンスを与え、平等な処遇をすると公言する企業が増えてきています。

なぜ、このような環境が整備されつつあるかといえば、1つには世界的な動きがあります。

差別撤廃に対する活動が活発化しており、ニュースなどでもよくデモ行進などの模様が取り上げられます。

世界の動きに呼応するように、日本でも性的マイノリティーに対する偏見をなくす取り組みが推進されており、厚生労働省も男女雇用機会均等法の適用においては、性別による差別だけでなく、性的マイノリティーによる差別も違法だという方針を打ち出しています。

これに対応すべく企業も、性的マイノリティーをはじめとしたダイバーシティーに積極的に取り組むようになりました。http://inc-connect.jp/recruit/lgbt/

(さらに…)

続きを読む

未経験でも憧れの仕事に中途採用されました

sutu

今は何でもネットの時代ですよね。

便利だし、私も大好きでネットショッピングやレシピサイトをチェックしたり、ポイントサイトなんかに登録して楽しんでいました。

楽しんでいるうちに、自分もこうした分野で仕事ができたら、毎日が充実するだろうなと思うようになったのです。

そのころは一般事務職をしていたのですが、毎日同じことの繰り返しで、けっこう忙しいので毎日が矢のように過ぎ、電話対応にパソコン入力、お客さ様へのお茶出しにコピー取りという毎日に、ちょっと飽き飽きしていたのです。

仕事がいまいち面白くなく、職場が合っていないなと感じていたので、未経験でもWEB関連の会社に中途採用されるか、求人情報を調べることにしました。

もっとも、私の場合は求人サイトではなく、まずはいつも利用していたレシピサイトやポイントサイトなどから、その会社のホームページにアクセスし、採用情報をチェックすることから始めたのです。

(さらに…)

続きを読む

WEBディレクターの面接ポイント

hisyou

WEB企業やWEB事業は、日本の企業風土からはかなりかけ離れたところにあります。

普通の事業会社からWEB関連会社へ転職する際には、その奇抜さや自由さなどに惑わされたり引きずられたりすることがないように気をつけます。

奇抜で自由が許される風土だからと言って、こちらも同じように奇抜で自由で良いわけではありません。

1つの会社の面接を受けることが出来るのは一度きりなので、あまり妙なアピールをすることはリスキーな行為です。

あくまでも実績が第一です。

これまでにやってきた事の中で、WEBに関する経験を簡潔に伝えるべきでしょう。

WEBディレクターはWEBに関する知識を満遍なく持つことが求められます。

データベースやプログラミング言語の中身は知らなくても、開発するということはどのような流れで行われているのか、規模と開発期間の関係、最新のWEB技術情報の収集方法、チーム運営スキルなども求められます。

WEB開発はどのようにして進むのか、また費用感などを自分が知っていることをアピール出来ると良いでしょう。

(さらに…)

続きを読む

目の付け所がアピールのしどころです

mensetu

WEB業界の中で、「WEBライター」という仕事はやや異色の存在です。

WEB制作に関連する業務のほとんどは、クライアントから依頼を受けてカタチにしていく仕事です。

一方、WEBライターは自らWEBのカタチを作り出す立場だからです。

WEBライターの仕事内容は、WEBページに掲載するネタを探し、それを文章化し、コンテンツとして成立させることです。

編集や校正といった文章を書く仕事に必要なスキルも求められますが、それ以上に重要なのが旬なネタをいかに見つけるかという点です。

WEBライターの面接は、ライターとしてのスキルをアピールする場であると共に、いかに面白く豊富な情報ソースを持っているかをアピールする場でもあります。

特に後者はWEBサービスの質や勢いに直結します。

人脈であったり経験であったり特殊技能であったりといったものを存分にアピールするとよいでしょう。

(さらに…)

続きを読む

新卒の就職内定には学生時代に手がけた作品と志望動機がカギ

memo

僕は専門学校でシステム関連やWEBの技術を学び、フラッシュプレイヤーなどを使った動的なホームページを制作する仕事に就きたいと思っていました。

就職活動は大卒や院卒の方に比べると不利になりがちな専門卒ですが、WEB関連の事業に就くにあたっては、必ずしも不利にならなかったというのが、活動をしての実感です。

理系の学生で専門知識やスキルを身に着けている方なら別ですが、文系などから希望する方の場合は、ほぼ素人で会社に入ってから学ぼうという人が少なくありません。

WEB関連の業界ではベンチャー企業や小さい会社も多く、若い人材の採用でもある程度、即戦力を求めるケースがあります。

そのためか、大手はともかく、まだ知名度が低い企業の面接では、専門卒だからと不利に扱われることはなく、むしろ、身に着けた技術のレベルや資格について注目してくれたように思います。

エントリーは主に新卒採用サイトを利用しましたが、小さい企業などの場合、そうした大手の専門サイトを利用していないところも少なくありません。

(さらに…)

続きを読む